Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

センナリホオズキ Physalis pubescens

センナリホオズキの花の写真1

道端に見かけるホオズキの仲間。暖かい地方を好むようで身近にはあまり見られません。(ホオズキもページ後半に載せてます。)

 

センナリホオズキの花、横アングル

花冠や萼に毛が生えているのが見えます。

 

センナリホオズキの花の写真2

花は淡い黄色で中心は褐色の斑紋があります。全体の色をいうならチョコバナナ色?

 

花径

花径は1cm弱程度で小さい。

 

果実

果実は袋状になった萼の中にある。色はホオズキのように赤くならず緑のまま。

 

果実を包む萼の成長

写真左から右のような感じで、萼は花後に成長していく。

 

葉の様子

葉の縁には不規則な波状鋸歯が疎らにある。(ない葉もある)

 

草姿

メインに写っているのがセンナリホオズキですが、右端にちょっと写っているのはアメリカイヌホオズキ

ふとこの状況を見ていて思いましたが「イヌホオズキ」って名前は、センナリホオズキが元になっていたのでしょうね。ホオズキに似てるとは思えないので違和感があったのですが。

ちなみに、センナリホオズキの「センナリ(千成)」はホオズキに対して多数枝分かれし果実をたくさんつけることから付いた名前。

 

その普通のホオズキ(P. alkekengi var. franchetti)は、こんな感じです。

(家の鉢植えのもの)

ホオズキの花

下向きに咲く白い花は花径2.5cm程度。

 

ホオズキの果実

全体像でなく分かりづらい写真かもしれませんが、茎はセンナリホオズキのように枝分かれせずに直立します。奥の方に写っているものは地下茎で増えたものです。

昔は道端にけっこう生えていたのですが、最近はそうした野生化したものはすっかり見かけることがなくなっています。

広告を非表示にする