Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ボントクタデ Persicaria pubescens

花の写真1

花の写真2

水辺など湿り気があるところで見られるイヌタデ属の花。細いひも状の花序は枝垂れ、小さな花が離れ気味に咲きます。

 

花の写真3

 花被は5裂した綺麗な形で、色はほぼ白でかすかに淡紅色をしています。

 

花と花後

花後の花被は鮮やかな紅色になり果実を包みますが、花色とのコントラストがとても綺麗です。

 

小苞

 小苞の縁には毛が生える。

 

斑がない葉

斑がある葉

葉の表の黒い斑が出るものと出ないものがあります。

 

葉の表の様子

葉の裏の様子

葉の裏にはやや明瞭でない腺点があり、両面ともに短い毛が生えているのが見えます。

 

托葉鞘

葉と同じように茎にも毛があり、托葉鞘の縁には長い毛があります。

 

花の写真4

花の写真5

紅白に見える花序の枝垂れ具合といい、疎らな花の付き具合といい、なんともいい感じで好きな花です。

名前の由来は、葉の辛みを香辛料として利用していたヤナギタデに対し、辛みがないことからボントク(いわゆるボンクラみたいな意味合いらしい)と付いたようです。

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする