Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

マルバルコウ、ルコウソウ、ハゴロモルコウソウ(モミジバルコウ)

マルバルコウ Ipomoea coccinea

ルコウソウ Ipomoea quamoclit

ハゴロモルコウソウ(モミジバルコウ)Ipomoea × multifida

 

マルバルコウの花1

道端に咲くつる性の花。朱赤色の漏斗状の花が可愛らしいです。

マルバルコウソウ」と覚えていましたが、「ソウ」がいらなかったようです。

 

マルバルコウの萼

萼の裂片が細く伸びている。

 

マルバルコウの葉1

マルバルコウの歯2

葉は心形で先が尖りますが縁がところどころ鋸歯状に尖っているものがある。

 

マルバルコウの花2

マルバルコウソウという名前は、ルコウソウ(I. quamoclit)に花が似て、葉が丸いということから付いた名前。

 

ちなみにそのルコウソウは、こういう花↓

ルコウソウの花1

 ルコウソウの花2

昔、育てたときの写真で白花もあります。写真のようにルコウソウは葉が細く深裂しています。

ルコウソウ(縷紅草)の「縷」は細い糸状の葉のことで「紅」はそのまま花の色からです。

 

そして、マルバルコウとルコウソウの交雑種とされるハゴロモルコウソウ( I. × multifida)別名モミジバルコウ という花もあります↓

ハゴロモルコウソウの花

他所から譲り受けた別の花の鉢植えに紛れ込んでいた種子が発芽していたので、育ててみたものです。

 

ハゴロモルコウソウの葉1

ハゴロモルコウソウというのが正式?っぽいのですが、個人的にはモミジバルコウ(これまた「ソウ」がいらないらしい)で呼んでいます。ハゴロモにしてもモミジバにしても葉の様子から付いたものだろうと思います。

 

ハゴロモルコウソウの紅葉した葉

ルコウソウにしてもハゴロモルコウソウにしてもマルバルコウと違い野生化はしていないと思います。(栽培している民家の周囲に育っても数年かと)

そもそもマルバルコウもそれほど多くもないですが。

ほんと初めのうちは「可愛い可愛い」と言っていてもすぐ手のひら返されるので、植物も大変です。

広告を非表示にする