読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ダンドボロギク Erechtites hieracifolia

花の写真1

比較的新しく開発されたような場所でたまに見られるキク科の花。

 

花の写真2

属はちがいますがベニバナボロギクとは、どことなく似ています。

花の違いでいうと色はもちろんですが、ベニバナボロギクは下向きに咲きダンドボロギクは上向きに咲きます。

 

葉の様子

葉はベニバナボロギクのような羽状に裂けた感じにはならない点も違い。

 

中間から下の様子

草丈は普通に1m超えるものが多いです。葉がびっしりついています。

 

株元の茎

良く育ったものですが、株元付近の茎は直径4cm近くありました。

 

綿毛の写真1

綿毛の写真2

「ダンド」というのは発見された地名だそうです。また、「ボロギク」というのは花後の綿毛の様子からで、ボロ(襤褸)というのはあまりいい意味ではないのですが、綿毛はフワフワで色も綺麗です。ほかのボロギクと付くベニバナボロギクノボロギクもやっぱり綿毛姿が個人的に好きです。

 

(追加画像)

綿毛姿

綿毛が綺麗だったので追加。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする