読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

道端の花など、身近に咲く花図鑑(観察地: 茨城県)

アカネ Rubia argyi

アカネ科 道端

花の写真1

道端の草地~林などで見かけるつる植物。写真は家で咲いていた今年一輪目の花。

 

花の写真2

花は小さく4mm程度。花冠は5裂し、雄しべも5個。中心に雌しべの柱頭が2つあるのが見えます。

 

後ろから見た花

後ろから見た花。萼裂片あるいは萼歯らしきは無い?ようです。情報が見当たりませんが。

 

葉の様子

葉はスペードのような形をした4枚が輪生しています。ただし、うち2枚は托葉が変化したものらしいです。写真でいうと手前の葉柄基部に脇芽が見えますが、脇芽が出ているのが本来の対生する葉ということになります。

 

先端の方

先端の方で集散花序が出る辺りの葉は4枚でなく2枚ずつ。

 

茎の様子

茎は四角いですが、その縁や葉裏の葉脈上に小さな下向きのトゲがあり、ザラつきます。つる性でも巻き付くタイプではなく、他の植物の合間を縫って伸びたり寄りかかったりしながら、このトゲで絡みます。

 

花の写真3

アカネの根は茜染めの染料として利用され、その色が茜色。

他に根は生薬としても利用されるようです。

 

広告を非表示にする