Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

アメリカオニアザミ Cirsium vulgare

花の写真1

最近、補修工事された池の畔に咲いていた花。初めて見ることができました。

 

花序、ローアングル

草丈は1mちょっとという感じ。総苞の部分が大きくて花との間にくびれがある面白い形。

 

茎の様子

茎には翼があります。

 

葉の様子

葉は羽状に切れ込みトゲがあり、いかにもアザミの仲間という感じのする葉。

ただ、思ったほど痛くありませんでした。(トゲが目立ちすぎて避けやすいからかも(笑))

 

葉の裏の様子

葉の裏は白い蜘蛛毛が生えています。

 

花の写真2

要注意なんたら~とか言われていますが、アメリカオニアザミに限らず彼ら(彼女ら)の気持ちを代弁するなら「人間だけには言われたくないわ」といったところかと思います。いや、そんなことすらも言わず、ただ咲いてただ散るだけかな。

 

(追加画像)

(2017年7月上旬、以下3枚追加)

とある芝生に1株だけ生えていました。

 

総苞にはくも毛。

 

花期に根生葉はないとされますが、あるようです。まだ頭花が1つ咲いた程度だからかなぁ。というか昨年の花ではどうだったんだろう?確認してなかったのか写真が記事にないのでわかりませんが。

とりあえず、草刈りが入る可能性は高い場所ですが、もうちょっと咲き進んでからまた見てみたいと思います。

 

(2017年7月中旬、以下2枚追加)

 

特に変わらないのですが、そもそも一番下の葉でも根生葉じゃなかったようです。

あとで他で根生葉の様子を撮れたら撮っておこうと思います。

 

広告を非表示にする