読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

道端の花など、身近に咲く花図鑑(観察地: 茨城県)

タコノアシ Penthorum chinense

タコノアシ科 湿地、畦

花の写真1

湿地に咲く花で、見た目も名前もユニークな花。

 

花の写真2

雄しべは10個で、雌しべを構成する心皮は5~7個が下部で合成。

 

上部の茎

花序の柄が出る辺りの茎。突起状の先が黒い毛があるようです。

 

中間の茎

中間ぐらいではその毛らしきはかなり疎ら。

 

葉の様子

葉は披針形で互生します。

 

ここからは2015年の10月。

果期

タコの吸盤のようになってきました。

 

赤味を帯びたタコノアシ

吸盤を多数つけ、色も赤味を帯び、まさに蛸の足のようになります。

 

紅葉期の果序

タコノアシ、紅葉

同じころ、別の川沿いの湿地では紅葉していました。

 

花の写真3

タコノアシ科タコノアシ属(APG3)の花はこのタコノアシ以外にPenthorum sedoidesというのが検索で見つかりましたが、かなり仲間も少ない「科」のようです。

そんなとても個性的な花、タコノアシでした。

 

広告を非表示にする