読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

道端の花など、身近に咲く花図鑑(観察地: 茨城県)

タカサブロウとアメリカタカサブロウの比較

キク科 湿地、畦 道端

タカサブロウ Eclipta thermalis

アメリカタカサブロウ Eclipta alba

 

タカサブロウの花

タカサブロウ

畦道など湿り気がある程度あるところで咲いているのを見かけるキク科の花。

 

アメリカタカサブロウの花

アメリカタカサブロウ

同じように畦道などにも見かけますが、少々乾いた草地にも咲く花です。

 

タカサブロウの花

目立つ花ではないのですが、舌状花がとても綺麗な白色をしています。

 

アメリカタカサブロウの花

両者、個体差で大きさに違いがありますが、基本的にはあまり変わらないようです。

 

タカサブロウの総苞

タカサブロウ

総苞片の幅が広い。

 

アメリカタカサブロウの総苞

アメリカタカサブロウ

総苞片の幅が狭いです。(大きめ個体の総苞)

 

タカサブロウ

若い果実。タカサブロウの痩果には翼があり幅が広いため、この時点でも目のような形で、横長の形をしているのがわかります。

 

アメリカタカサブロウ

同じく若い果実ですが、こちらは痩果に翼がないので横幅のない菱形のような形が見えます。

 

タカサブロウの痩果1

タカサブロウ

熟した状態ですが、横幅があるのがわかります。

 

アメリカタカサブロウの痩果1

アメリカタカサブロウ

熟しても同じで、やはり幅がない菱形をしています。

 

タカサブロウの痩果2

タカサブロウ

写真のように痩果に翼があるのが大きな特徴。中心の膨らんだ部分の両サイドに翼状に広く張り出した部分があり、その縁は滑らか。

 

アメリカタカサブロウの痩果2

アメリカタカサブロウ

こちらは翼がなく「くさび」のような形をしています。縁の部分もなめらかでなくごつごつしている。

 

タカサブロウの葉

タカサブロウ

葉の鋸歯は比較的不明瞭。

 

アメリカタカサブロウの葉1

アメリカタカサブロウ、大きな個体の葉。

 

アメリカタカサブロウの葉2

アメリカタカサブロウ、小さめの個体の葉。

タカサブロウと比べると鋸歯が明瞭。

 

といった感じで比較してみましたが、花自体はそっくりであり、草姿もタカサブロウの方が大きいイメージがありますが、かなり大きなアメリカタカサブロウもあるので遠目には区別は難しいです。

一番の見分けポイントはやはり果実(痩果)の様子です。

それ以外の部分で、総苞の様子や葉の様子などにも傾向があるので手がかりにはなりますが、果実が出来るのを待った方が無難な気がします。

 

以下、使わなかった画像のおまけ。

タカサブロウの果実

タカサブロウ

こちらのほうが「目」感がある写真かも。総苞が少し細く見える。

 

アメリカタカサブロウの若い果実

アメリカタカサブロウ

ぎっしりと果実をつけたもの。

 

タカサブロウの痩果3

タカサブロウ

熟してすでに痩果も自然に落ちている状態。幅広の痩果があるのがわかる。

 

アメリカタカサブロウ

熟したものと若い果実が混在中のもの。総苞片が上からあまり見えない。横に写っているもので見ると、間に短いものがある模様。

 

タカサブロウの花2

タカサブロウ

2015年10月の花。ということで花期は8~10月くらい。

 

アメリカタカサブロウの花2

アメリカタカサブロウ

花期は同じかやや早くから見られると思います。

 

「タカサブロウ」という名前の由来は、ただれ目の治療の薬草として使われていて「たたらめ」などと呼ばれていたのが「タダレメソウ」になり、語呂があったのか「タカサブロウ」に変わったと言われています。

痩果を上からみたとき「目」に見えるこの野草がただれ目に効く薬草とは、なんだか面白いと思います(笑)

 

 

広告を非表示にする