Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

オオフタバムグラ Diodia teres

花の写真

海岸や河原、またその周辺の道端に見かける小さな花。

 

花の写真2

漏斗状の薄紫色の花は葉腋につき、托葉から伸びた長い毛が特徴的でよく目立ちます。

花径は記事の下の方にピークを過ぎた時期の花になりますが、花径を測った画像を追加しています。

 

長毛や萼

その長毛に遮られていますが、萼があるのが見えます。

また、葉の縁にはかなり細かいですが刺状の毛があるようです。

 

果実

若い果実の状態。先の方には、その萼片4つが残ったままになっているようです。

 

草姿

たくさん生えているわりには気づかれない部類の花ですが、小さな花って気づくとなんだか嬉しくなります。

因みに「オオ」とつかないフタバムグラは別属。花はさらに小さめです。

 

(追加画像)

全体像

(9月上旬)よく咲いている様子。

 

-------

花径1

(2017年10月上旬、以下3枚追加)

花径4mmくらい。

 

花径2

こちらは花径7mmくらい。

もう花期のピークはとっくに過ぎていますが、あとの7mmくらいの方がおそらくピーク時の花の大きさと同じくらいかな・・・。

シーズンに測っておけばよかった。

 

果実の様子

現在は果実になったものがほとんどです。萼片4枚が果実の先端に残っています。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする