Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

コボタンヅル Clematis apiifolia var. biternata

花の写真

日当たりのいい林の縁などに絡んでいるつる植物。写真は家の植木に絡んでいるもの。

いわゆる園芸植物のクレマチスの仲間でセンニンソウやボタンヅルと似ています。

 

花の写真2

花弁に見えるのは萼片で、花径は2cm前後。雄蕊は多数あり、葯はいくつか計った感じでは1mm強~2mm。

 

萼片の先の拡大

萼片の先は尖らず、よく見ると柔らかい毛が生えていました。

 

蕾の様子

似た花という以前に名前事態がややこし過ぎるコバノボタンヅルは、葉は2回3出複葉で似ているようですが、花数が少なく(3個まで)、萼片の先が尖り、花は3~4cmとセンニンソウ並みに大きいようです。(出会ったことはありません。)

 

葉の様子1

葉の様子2

葉の様子3

葉は2回3出複葉です。すべて3出複葉になっているものもあれば、切れ込んでいるだけのものもあります。

 

花の写真2

まだピークはこれからといったところですが、白い十字の花と雄しべの様子が綺麗な花なのでこれからたくさん咲くのが楽しみな花です。

 

花の写真3

 (2016年8月)

広告を非表示にする