読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

道端の花など、身近に咲く花図鑑(観察地: 茨城県)

ジャノヒゲ Ophiopogon japonicus

キジカクシ科 林内、林縁

草姿、花序が伸びている写真

写真は家でのものになりますが、林の中などに見られる植物。常緑で庭などにもよく植えられます。

 

花の写真

総状花序に白に紫がうっすら差したような淡い色の花を下向きに多数咲かせます。

 

全体像

よく見ると可愛らしい花ですが、こうして茂った葉の中でひっそりと咲いているためほとんど目立ちません。かなり地面すれすれに下向きに咲くのは、どんな昆虫にアピールしているのでしょう・・・。

 

葉の幅の計測

似た仲間には葉の幅1.5~2.5cm、葉の長さは40cmほどまで伸びるとされるナガバジャノヒゲというのがあるようです。ジャノヒゲは幅2~3cm、葉の長さは20cm程度です。匍匐枝が長いという特徴もあるようですが、そのへん実際に見て確認していません。

 

種子の写真1

種子の写真2

果実に見えますがこれが種子でコバルトブルーで光沢がありとても美しい色をしています。(2015年12月)

名前の由来は、別名で竜の髭(リュウノヒゲ)とも呼ばれますが、竜から蛇に転化していったという説と、能で老人の面を「尉(じょう)」といいその髭に見立てたという説があるようです。

個人的には、美しい種子の様子は竜が手に持っている玉「竜の玉(リュウノタマ)」とも言われることから考えると、目立つ種子にはじめに注目がいき、さらに葉だけの様子を見て竜の髭と呼ばれたものの、よく増えるものはすぐ人は飽きるので竜から格下げされジャノヒゲと呼ばれるようになったのかも思ったりします。

「え?そっち?!」って思う方に注目したような名前の植物もけっこうありますが、これだけ綺麗な種子があるのに、葉だけに注目して老人の髭・・・ってなんだかピンとこないので(笑)

 

おまけで、ジャノヒゲの小型の園芸品種でタマリュウ。よく庭などにグランドカバーとして植えられています。(ジャノヒゲに同じく写真は家のもの)

タマリュウの花1

タマリュウの花2

タマリュウ、全体像

広告を非表示にする