読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

アゼナ アメリカアゼナ タケトアゼナ

アゼナ Lindernia procumbens

アメリカアゼナ Lindernia dubia var. dubia (Cタイプ)

タケトアゼナ Lindernia dubia var. dubia  (Rタイプ)

 

アゼナ 右アメリカアゼナ

比較写真(アゼナとアメリカアゼナ)

左はアゼナ、右はアメリカアゼナです。普通に混生していることも多いので一緒に撮ってみました。個体差もあるので一概には言えませんがアメリカアゼナの方がだいぶ大きいようでした。

 

アゼナ

アゼナの花

アゼナです。正面に対して平開したような感じに咲いています。

 

アゼナの花、横アングル

花柄が長めになるのも特徴。

 

アゼナの葉

葉は卵円形~楕円形で基本的には全縁が多いですが、

 

鋸歯のあるアゼナ

初めて気づきましたが、ごく低い鋸歯があるものもありました。ただ、この葉より下に付く葉は全縁でした。

 

アメリカアゼナ 

アメリカアゼナの花

一枚目にアゼナと比較しましたようにアメリカアゼナの花は大きめで1cmくらいになります。

 

アメリカアゼナの葉

アゼナと違い、葉には鋸歯がはっきりとあります。基部は楔形か葉柄状に細くなって茎に付きます。

 

タケトアゼナ

タケトアゼナの花

タケトアゼナの花です。学術的にはアメリカアゼナと同じともされるようです。

 

タケトアゼナの葉

タケトアゼナは、このように基部が広く丸くなって付くのが特徴。また、葉の鋸歯はアメリカアゼナより低め。

なので、それぞれ楔形を意味するCuneateと、丸いという意味のRoundの頭文字をとって、アメリカアゼナはL. d. var. dubiaのCタイプ、タケトアゼナはRタイプとされるようです。

 

広告を非表示にする