Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ミツバツチグリ Potentilla freyniana

花の写真1

日当たりのいい土手や明るい林内に見られる花。地面に這い広がるような草姿をしています。

 

葉の様子

名前のミツバは3出複葉の葉の様子からで、ツチグリという西日本方面で見られる花に根の様子が似ていることからミツバツチグリという名のようです。

 

托葉の様子

葉柄の基部に托葉があります。

 

花の写真2

おそらく一般的によく見られる仲間の花の中では花弁に一番幅と丸みがあると思います。

似たようなところに生えるキジムシロとは葉の様子で見分けられます。(キジムシロは奇数羽状複葉で小葉は5~7枚)また、同じ3出複葉のヘビイチゴヤブヘビイチゴ、ヒメヘビイチゴとは、副萼片の様子などの他いくつか違いがありますがミツバツチグリの方は花序に多数の花を咲かすので見分けやすいと思います。

 

(追加画像)

後ろからみた様子

(2017年5月上旬)

萼片と副萼片の様子。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする