読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

道端の花など、身近に咲く花図鑑(観察地: 茨城県)

ミチバタナデシコ Petrorhagia nanteuilii とイヌコモチナデシコ Petrorhagia dubia

道端 ナデシコ科

両者とも普通に道端に見られ、スーッと伸びた茎の先に花を咲かす姿がよく似た植物。見分け方としては、種子の様子がはっきりとした識別ポイントになるようです。他に似た花にコモチナデシコ(P. prolifera)がありますが今のところ確認したことがないので、この記事では主にミチバタナデシコとイヌコモチナデシコについて載せています。

ミチバタナデシコの花の写真

ミチバタナデシコ(P. nanteuilii)

 

イヌコモチナデシコの花の写真

イヌコモチナデシコ(P. dubia)

花のみを見た比較では自分が見ている限り、花色そのものと中央の筋の色に両者は差があるように思います。

また、花の咲き始めはイヌコモチナデシコの方がミチバタナデシコより早いようで、イヌコモチナデシコがピークを過ぎたころ入れ替わるようにミチバタナデシコが咲き始めていたようでした。(同じ場所での状況。)

 

葉の基部の写真、ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコの葉鞘と茎。

ナデシコ科に多いですが、葉は対生し基部は鞘状に合着しています。その縦横の比は、ミチバタナデシコでは1.5~2.0倍程度という情報がありますが、どこを指しているのか?いまいちわかりません。葉鞘というと筒になった部分だと思いますが、どうみてもそうはならず・・・。

また、写真ではピントが合っていませんが茎は有毛か無毛とのこと。

 

葉の基部の写真、イヌコモチナデシコ

イヌコモチナデシコの葉鞘と茎。

こちらは葉鞘の比は2~3倍程度と言われていますが、先ほど書いたようにどこを指しているのか不明です。(一応書いておくと、コモチナデシコは葉鞘の比は、ほぼ同じと言われているようです。)

茎の毛についてはこちらも有毛または無毛もあるようで、毛の有無でいうとコモチナデシコは無毛とのことなので、無毛だけの情報では3種のどれともいえないですが、有毛ならミチバタナデシコかイヌコモチナデシコということになりそうです。

 

 

葉鞘の比についてはそんなわけでよくわかりませんが、種子を見ることができれば、かなり分かりやすいと思います。

ミチバタナデシコ、種子の写真1

ミチバタナデシコの種子。

 

ミチバタナデシコ、種子の写真2

同じくミチバタナデシコの種子。

上の写真の方は長めのもので1.8mm程度、下の方は短めで1.5mmくらい。

形は盾形と表されているようです。表面の突起は尖らないのが特徴。

 

イヌコモチナデシコ、種子の写真

イヌコモチナデシコの種子。

こちらは長さが1.4mm以下と小さめで、形は洋梨型。表面の突起が尖っているのが特徴です。

コモチナデシコは、大きさ形はミチバタナデシコとほぼ同じで、表面が緻密な網状になっているのが特徴とのこと。

 

ミチバタナデシコ

 

イヌコモチナデシコの株元。

個体差があるかもしれませんが、茎の節などミチバタナデシコは赤味を帯びていないようで、一方イヌコモチナデシコはほとんど節が赤味を帯びているものばかりでした。(同じ場所なので環境としては同条件かと。)

コモチナデシコは見てないのでなんともいえませんが、ミチバタナデシコとイヌコモチナデシコがそうであるように、似ているとは言われていてもそれぞれ種小名が違うものであり、おそらく実際に目にすれば、いちいち種子の確認までしなくてとも違った印象をそれぞれ持っているのではないかと想像しています。

 

広告を非表示にする