Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

マツヨイグサ Oenothera stricta

花の写真

アスファルトの道路縁など道端に見られる花。

マツヨイグサには一般的に見られる仲間がいくつかありますが、その中でマツヨイグサは咲き始めるのがコマツヨイグサと並んで早く4月の後半から5月に入ったあたりから花が見られるようになります。

あくまで自分の身近なところでの話なので地域の差はあるかもしれませんが、

5月 マツヨイグサコマツヨイグサ

6月 オオマツヨイグサ

7月 メマツヨイグサ

という咲き始めの時期に差があります。

 

花の写真

花径は6cmくらいとけっこう大きめで立派な花を咲かせます。

花のピークでいうとマツヨイグサは春~初夏となると思いますが、それ以外の時期でも細々と咲いていることもあります。

 

後ろ姿。花序と花後の様子

これから咲く蕾の花序が花の上に長く伸びているのが一つの特徴。

また花後はコマツヨイグサと同じで赤味が強くなります。

 

花の写真2

草刈りにあったため小さく咲いた、アスファルトマツヨイグサ

 

(追加画像)

花径

(2017年5月上旬)花径は6cmほど。

 

柱頭の様子

(2017年5月上旬)柱頭は4分岐。

 

萼片の様子

(2017年5月上旬)萼片は4枚ですが、合着して2つに見える。

 

☆関連記事リンク☆

 

 

広告を非表示にする