読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ミヤコグサとセイヨウミヤコグサ

ミヤコグサ Lotus corniculatus var. japonicus

セイヨウミヤコグサ Lotus corniculatus var. corniculatus

それぞれ別記事にしようかと思ったのですが、比較しつつまとめることに。

 

ミヤコグサの花

まずはミヤコグサ(L. c. var. japonicus)

海岸付近の草地などに見かけるマメ科の黄色い花です。花数が1~3個くらいまでと少ないのが一つの特徴。

 

セイヨウミヤコグサの花

こちらは基本種のセイヨウミヤコグサ(L. c. var. corniculatus)

花数が1~7個程度と多くなるのが特徴です。

 

ミヤコグサの萼歯

また、上側の萼歯の様子がミヤコグサでは萼筒に対して同じくらい~長く、2つの萼歯の先がくっつくような感じになるものが多く狭まっています。

 

セイヨウミヤコグサの萼歯

こちらセイヨウミヤコグサでは萼歯が萼筒に対して短めで、V字に広がりがっているようです。

萼筒に毛があるのも特徴とされますが、稀に無い場合や、逆にミヤコグサに有る場合があるらしいです。写真ではミヤコグサは無毛で、セイヨウミヤコグサには疎らな毛が見える一般的な様子。

 

セイヨウミヤコグサ、下アングル

これは比較ではないですが、下からみたセイヨウミヤコグサ。下側は萼歯は3つあるようです。

 

ミヤコグサの葉

セイヨウミヤコグサの葉

上がミヤコグサの葉で下がセイヨウミヤコグサの葉。

どちらも3出複葉に見えますが、葉柄基部付近のものを托葉とするか、あるいは小葉として全体に5小葉と見ることもあるようです。5小葉とする場合は、ごく小さな托葉があることがあるらしいのですが、その点を観察していなかったのでわかりません。

 

ミヤコグサの花

岩場で咲いていた、ミヤコグサ

 

セイヨウミヤコグサの花

1輪だけのセイヨウミヤコグサ

 

ミヤコグサは海岸方面で草地によく這い広がる姿がみられます。セイヨウミヤコグサの方は身近では、数年前から河川土手の草地にて咲く1株しか見たことがありません。なので数をみてないのでわかりませんが、セイヨウミヤコグサの方が印象的には上に良く伸び、節間は間延びしてひょろっとした印象がありました。

ミヤコグサは晴れた日の撮影で、セイヨウミヤコグサは雨天時の撮影なので、それぞれ印象が違う感じになりましたが、どちらも可愛らしい花ですね。

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする