読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

エノキグサ Acalypha australis

トウダイグサ科

葉の様子、草姿の上アングル

道端の草地に見られる植物で、名前の由来は樹木のエノキ(榎)と葉が似ていることから。

 

榎の若葉

↑因みに、そのエノキ(榎)の若葉。

 

雄花の様子

雄花の様子。花被が裂け雄しべが出ている。エノキに似ているといってもトウダイグサ科の植物。雄花は写真のように葉状の総苞から穂状に伸び、小さな花が多数付きます。

 

雌花の様子

この中央が雌花で房状に裂けた3つの花柱がある。

あまりこの写真のものは雄花花序が伸びていません。

 

若い果実

子房が膨らんで若い果実状態のもの。

 

長く伸びた雄花花序

写真は2015年8月の終わりで家に生えていたもの。このくらいの時期になった方が花穂が長いものが多い気がします。

ごくありふれた植物で花も目立たないですが、この感じはなかなか可愛らしいかも?と思います(笑)

 

広告を非表示にする