Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

コマツナギとトウコマツナギ(キダチコマツナギ)の比較。

コマツナギの花

コマツナギ Indigofera pseudotinctoria

 

トウコマツナギの花

トウコマツナギ(キダチコマツナギ) Indigofera bungeana
(追記:Ylistではトウコマツナギが和名とされているのでそれに合わせてキダチコマツナギの方を括弧内にしました。)
 

同一とする見解もあるらしい両者で、姿的な違いは明らかなものの、たしかに花や葉にはっきりした違いはない気はしますが、観察した様子では萼(萼歯)に違いがあるようでした。

(追記: 葉の大きさについてはトウコマツナギの方が基本的には大きいと思われます。)

(さらに追記:下に載せましたが果実も長さがトウコマツナギの方が平均的に長いようです。)

 

コマツナギの萼

たまたま撮った写真を見ていて気付いたのですが、コマツナギの萼歯は写真のように細長いです。また、花に対してやや反る傾向があるようです。

 

トウコマツナギの萼

一方、トウコマツナギの萼歯はあまり長くなく、花に沿うような感じのことが多いようです。(追記: 「沿う」かどうかはあまり関係ないかもしれません。)

 

萼歯の長さ(コマツナギ)

コマツナギの萼歯は長い。

 

萼歯の長さ(トウコマツナギ)

トウコマツナギの萼歯は短い。

 

萼の比較

後日、別の場所で観察した萼の様子。

左2つがコマツナギ、右2つがトウコマツナギです。

やはりコマツナギの萼歯は細く長いですが、トウコマツナギは短いです。

 

そしてもう一点、感覚的な違いになりますが、

トウコマツナギは花に触ると簡単に花柄ごとポロポロと落ちてしまいます。

コマツナギの方は萼歯を花序についたまま計っている写真があるように、少々触れたところで落ちないようでした。

 

コマツナギ、果実

これはコマツナギですが、果実がたくさんついています。

 

トウコマツナギ、果実

一方トウコマツナギ(キダチコマツナギ)の方は果実の付き具合がコマツナギより少ないように思います。

(追記:果実が多いものは目にとまりやすいというだけで、コマツナギも少ないものはけっこうありました。)

(追記:成長した果実の様子を下の方に追加しました。)

 

 以下はそれぞれの写真です。(それぞれの個別の記事もあげました。下にリンク。)

コマツナギの写真

コマツナギの葉の写真

コマツナギの全体像

ここまではコマツナギでした。

 

以下はキダチコマツナギです。

トウコマツナギの写真

トウコマツナギの幹径

トウコマツナギの葉の写真

トウコマツナギの全体像

 

(追加画像)

コマツナギとトウコマツナギの果実(熟す前)比較

(2017年9月下旬)それぞれ熟す前ですが、長さ的には固まったかなと思われる果実。

上の段3枚がコマツナギ、下の段がトウコマツナギ(キダチコマツナギ)です。

それぞれの記事内に長さなどもありますが、コマツナギは長いものでも2.5cmでしたが(追記:3cmくらいのもありました。)、トウコマツナギは長いものでは4.5cmほどのものもあり、短めでも2.5cmほどありました。なので、平均的にトウコマツナギの方が長いようです。(追記:3cmもあったことで差が微妙になりました。)

また熟したら中の種子なども比較してみたいと思います。

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする