Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

コマツナギとキダチコマツナギ(トウコマツナギ)の違い

コマツナギの花

コマツナギ Indigofera pseudotinctoria

 

キダチコマツナギの花

キダチコマツナギ(トウコマツナギ) Indigofera bungeana
( Ylistではトウコマツナギの方が和名として標準のようです。)
 

同一とする見解もあるらしい両者で、姿的な違いは明らかなものの、たしかに花や葉にはっきりした違いはない気はしますが(花色はお互い濃いものや薄いものがあるし、花序や葉の大きさも線引きできるとは思えず)、観察した様子では萼(萼歯)に違いがあるようでした。

(追記: 葉の大きさについてはトウコマツナギ(キダチコマツナギ)の方が基本的には大きいと思われます。)

 

コマツナギの萼

たまたま撮った写真を見ていて気付いたのですが、コマツナギの萼歯は写真のように細長いです。また、花に対してやや反る傾向があるようです。

 

キダチコマツナギの萼

一方、キダチコマツナギの萼歯はあまり長くなく、花に沿うような感じのことが多いようです。(追記: 「沿う」かどうかはあまり関係ないかもしれません。)

 

萼歯の長さ(コマツナギ)

コマツナギの萼歯は長い。

 

萼歯の長さ(キダチコマツナギ)

キダチコマツナギの萼歯は短い。

 

萼の比較

後日、別の場所で観察した萼の様子。

左2つがコマツナギ、右2つがキダチコマツナギです。

やはりコマツナギの萼歯は細く長いですが、キダチコマツナギは短いです。

 

そしてもう一点、感覚的な違いになってしまうかもしれませんが、

キダチコマツナギは花に触ると簡単に花柄ごとポロポロと落ちてしまいます。

コマツナギの方は萼歯をそのまま計っている写真があるように、少々触れたところで落ちないようです。(写真で花はもともと終わったのか落ちていた状態。また、花弁のうち旗弁以外はすぐ落ちるのは同じ。)

(追記: 花柄ごと落ちるのはどちらも落ちるし力加減の問題もあるのであまり参考にならないかも。)

 

コマツナギ、果実

これはコマツナギですが、果実がたくさんついています。

 

キダチコマツナギ、果実

一方キダチコマツナギの方は果実がぶら下がっている率がコマツナギよりずっと低いように思います。

そのあたりも落ちやすさが影響しているのではないかと感じます。

 (追記: 落ちやすさというのは結局、高い位置の方が風などの影響を受けやすいとか、たまたま環境的に受粉がうまくいっていないとかそういうこともあるのかもしれません。コマツナギでも果実が残っていないものや少ないものもあるので、特にこれが大きな違いということにはならないと思います。)

 

 以下はそれぞれの写真です。(それぞれの個別の記事を追加しました。下にリンク。)

コマツナギの写真

コマツナギの葉の写真

コマツナギの全体像

ここまではコマツナギでした。

 

以下はキダチコマツナギです。

キダチコマツナギの写真

キダチコマツナギの幹径

キダチコマツナギの葉の写真

キダチコマツナギの全体像

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする