読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

道端の花など、身近に咲く花図鑑(観察地: 茨城県)

コマツナギとキダチコマツナギ(トウコマツナギ)の違い

マメ科 道端
コマツナギ Indigofera pseudotinctoria
キダチコマツナギ(トウコマツナギ) Indigofera bungeana
同一とする見解もあるらしい両者ですが、観察した様子では萼(萼歯)に違いがあるようでした。
 

コマツナギの花

コマツナギ

 

キダチコマツナギの花

キダチコマツナギ

 

姿的な違いは明らかなものの、たしかに花や葉にはっきりした違いはない気はします。(花色はお互い濃いものや薄いものがあるし、花序や葉の大きさも線引きできるとは思えず。)

ですが、たまたま撮った写真を見ていて気付いたのが萼の様子。

コマツナギの萼

コマツナギの萼歯は写真のように細長いです。また、花に対してやや反る傾向があるようです。

 

キダチコマツナギの萼

一方、キダチコマツナギの萼歯はあまり長くなく、花に沿うような感じのことが多いようです。

 

萼歯の長さ(コマツナギ)

コマツナギの萼歯は長い。

 

萼歯の長さ(キダチコマツナギ)

キダチコマツナギの萼歯は短い。

 

萼の比較

後日、別の場所で観察した萼の様子。

左2つがコマツナギ、右2つがキダチコマツナギです。

やはりコマツナギの萼歯は細く長いですが、キダチコマツナギは短いです。

 

そしてもう一点、感覚的な違いになってしまうかもしれませんが、

キダチコマツナギは花に触ると簡単に小花柄ごとポロポロと落ちてしまいます。

コマツナギの方は萼歯をそのまま計っている写真があるように、少々触れたところで落ちないようです。(写真で花はもともと終わったのか落ちていた状態。また、花弁のうち旗弁以外はすぐ落ちるのは同じ。)

 

コマツナギ、果実

これはコマツナギですが、果実がたくさんついています。

 

キダチコマツナギ、果実

一方キダチコマツナギの方は果実がぶら下がっている率がコマツナギよりずっと低いように思います。

そのあたりも落ちやすさが影響しているのではないかと感じます。

 

同一とする見解とは、種小名まで同じにして変種なり品種に分けるという意味なのかもしれないし、その辺のところはわかりませんが。

それにしても、もっと小さな違いで分けている植物もあれば、だいぶ違うのに分けないとする植物もあったりでややこしい話です・・・。

 

ということで違いの話はここまでにして、

 以下はそれぞれの写真です。

コマツナギの写真

コマツナギの葉の写真

コマツナギの全体像

ここまではコマツナギでした。

 

以下はキダチコマツナギです。

キダチコマツナギの写真

キダチコマツナギの幹径

キダチコマツナギの葉の写真

キダチコマツナギの全体像

 

広告を非表示にする