Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ネズミモチ Ligustrum japonicum

駐車場の植栽のネズミモチ。「モチ」とつきますが、モチノキ科ではなくモクセイ科の常緑樹。 円錐花序に多数の白い花を咲かせています。香りはイボタノキなどと同じような感じ。 花冠は先が4裂し反り返っていて筒部は短い。 雄しべは花糸まで花冠から飛び出…

アレチギシギシ Rumex conglomeratus

道端に見かけるタデ科の花。 花は間隔を置いて段々に付き、かなり疎らに見えます。 同株内に両性花と雌性花があり、写真ではちょっと奥になっていますがクリーム色の葯が見えているものが両性花の雄しべ。 タイミングもあると思いますが、他の仲間と同じで葯…

ヒルガオ Calystegia pubescens f. major

道端に見かけるヒルガオ科の花。 今回撮ったものは白い筋があまり見えず、ちょっと花色が濃い目な印象でした。 (2015年6月中旬) こちらは白い筋がよく見えます。それはさておき、やっぱり写真は天気のいい日がいいなぁ。 花径は5~6cmあります。 …

セイヨウミヤコグサ Lotus corniculatus var. corniculatus

川沿いの土手に見かけるマメ科の花。 似た花のミヤコグサ(var. japonicus)より花数が多く1~7個ずつ付きます。 花数3のもの。 花数7のもの。 (2016年6月下旬) 花数1のもの。 萼には疎らに毛があります。 上2つの萼歯がV字に大きく開いていま…

シロバナシナガワハギ Melilotus officinalis ssp. albus

河川沿いの土手で見かけるマメ科の花。 シナガワハギという黄色の花の亜種のようですが、これまでのところシナガワハギの方は身近で見かけたことはありません。 草丈は1m以上にもなりますが、白い花は爽やかな印象。 蝶形花を総状花序に多数咲かせます。 …

トゲナシテリハノイバラ Rosa luciae f. ohwii

テリハノイバラの茎のトゲを撮ろうとして今回たまたま気づいた花です。 トゲがないだけでなく花が明らかに一回り大きいようでした。 (追記: 花が特に大きくないものでもトゲなしのものがありました。) 写真中央を横切る古い茎(枝)、そこから出た新しい…

テリハノイバラ Rosa luciae

海岸や河口付近などで見かけるバラ科のつる性木本。 ノイバラの花期が過ぎたころ、入れ替わるように見かけるようになります。 砂地などを這うように枝が伸びます。 花径は小さめでも3cm程度あり、ノイバラ(2cm程度)より大きい。 大きめの花は4cm…

イチヤクソウ Pyrola japonica

林内で咲くツツジ科の花。常緑の葉を持ちますが、部分的菌従属栄養植物だそうです。 同じ場所で完全な菌従属栄養植物のギンリョウソウなども見られます。 (2016年6月中旬) 草丈は15~20cm程度。長く伸びた総状花序にやや黄色味がかった白い花を…

ギシギシ Rumex japonicus

道端の草地に見かけるタデ科の花。 大きな草姿で丈は1mほどにもなる。 同じ株内に両性花と雌性花があり、この写真は両性花。 あまり開いていない状態ですが、花被片は小さい外花被片が3つと大きい内花被片3つ。 淡い黄色の葯がぶら下がっているのが見え…

ヤマハタザオ Arabis hirsuta

林の縁に見かけるアブラナ科の花。草丈は今回見たもので30~40cm。 花弁4枚、雄しべ6本(短いもの2) 萼片も4枚。 花の大きさは長い辺の方で5~6mmくらいでした。 萼を入れた花の長さも6mmくらい。 上部の葉。 中間の葉。 ロゼット状に広が…

オオバイボタ Ligustrum ovalifolium

海岸方面や河口付近で見かけるモクセイ科樹木の花。 円錐花序に花を咲かせますが、まだほとんど咲き始めで蕾のものが多いです。 花は白色で、先は4裂。 横からみると、雄しべの葯はちょっと見える程度。 花は正面からで8mmくらい。裂片は3mmくらいで…

ツルマサキ Euonymus fortunei

林内で見かけたニシキギ科の常緑のつる性の植物。 他の樹木などに気根を出して這い上ります。 (2016年6月上旬) 今年は高い位置でばかり咲いていて綺麗に撮れなかったので、こちらはギリギリ手が届く位置で咲いていた昨年の写真です。 集散花序に淡い…

ノハラナデシコ Dianthus armeria

(2015年6月下旬) 道端に見かけるナデシコ科の花。 (2016年6月上旬) 花弁の先はいくつか浅い切れ込みがあり、白い斑点と並んだ紅紫色の斑点があるようです。 花弁上に毛が生えているのが見えます。 細い苞葉があり、目につきます。 (2016…

ノチドメ Hydrocotyle maritima

道端の芝のある場所に見かけたセリ科の小さな花。 花弁の縁が淡紅色をしていて、可愛らしいかも。 この花弁のある状態は雄性期のようです。 花弁が落ちた雌性期の花。花柱が2つが見えます。 草姿は地面を這うようにマット状に広がります。 葉の位置より下に…

ドクダミ Houttuynia cordata

道端で見かけるドクダミ科の花。全独特の匂いがありそちらに気が行きがちですが、花自体は綺麗な花だと思います。 日陰に咲く印象もありますが、日当たりのいいところでも湿り気がある程度ある場所ならよく育ちます。 真っ白な花弁状のものは総苞片。 基本的…

イモカタバミ Oxalis articulata

公園や土手の草地で見かけるカタバミ科の花。 ムラサキカタバミ(O. debilis ssp. corymbosa)と違い、花弁は紅紫色をしていて、花の中心は暗紫色をしています。葯は黄色いです。 写真を見ると花糸が有毛のようです。(花柱にもある模様) 種子は普通つくり…

ムラサキカタバミ Oxalis debilis ssp. corymbosa

公園の片隅などでみかけるカタバミ科の花。 (2016年6月中旬) よく増えるといいますが、身近ではあまり勢いのある株はみかけないようです。 (2016年7月上旬) 家のもあまり育ってくれません。原産地が南アメリカということで、うちのあたりは寒…

ノビル Allium macrostemon

(2015年6月上旬) 道端の草地などで見かけるヒガンバナ科ネギ属の花。 草丈は5,60cmといったところ。この時期あちこちでひょろひょろとした花茎をのばしている姿を目にします。鱗茎は食べることができ、食用にされたりします。 花序には花だけで…

コモチマンネングサ Sedum bulbiferum

道端などいろいろな場所でよく見かけるベンケイソウ科の花。 セダムの仲間はみな同じような花をしていますが、黄色の5弁花で雄しべは10個。 定規の当て方が適当ですが、花径は1cmあるかないか。 葉腋にむかごを付けるのが、名前の由来。果実は結実せず…

シャグマハギ Trifolium arvense

道路沿いの緑地帯で見かけたマメ科の花。 萼の裂片は長く紅色を帯びていて白い毛が目立ちます、全体的に見ると褪せた感じの紅色をして見えます。 その間に隠れるように小さな蝶形花が見えます。花後のものはやや薄紅色をしているようですが、開花しているも…

ハマボウフウ Oxalis debilis ssp. corymbosa

海岸の砂浜に咲くセリ科の花。白い花は遠くからでもよく目立ちます。 花弁が内側に巻いています。いや、巻いているというより蕾のときのままであまり開いてないということなのかも。 小花序の径は2cmほど。 全体の花序の径は12cmくらいでした。 複散…

ヤマボウシ Cornus kousa ssp. kousa

林などに見かけるミズキ科の落葉高木。公園樹や庭木としても植えられています。 もっとびっしりと花をつけたものも見られますが、写真のものは花数が少々寂しい感じ。 一つ前で「花」と書きましたが、同属のハナミズキ(アメリカヤマボウシ)と同じように白…

ギンリョウソウ(ユウレイタケ) Monotropastrum humile

林内に見かけたツツジ科の植物。 葉緑素を持たず真っ白で怪しげな風貌からキノコではありませんが、別名ユウレイタケ(幽霊茸)とも呼ばれます。 花冠は5裂(3~5裂)していて、内側と縁に毛があるようです。 中央に見えるやや青味を帯びた大きな目玉のよ…

オオチドメ Hydrocotyle ramiflora

道端などで見かけるウコギ科の植物の小さな花。 小さな植物ですが、よく見ると艶々した葉で形も良く可愛らしい。 主に湿った場所でよく目にしますが、写真のような場所から芝生などでも見かけることがあります。 (2016年5月末) 雄性期の花。花茎を葉…

サワオグルマ Tephroseris pierotii

湿地に咲くキク科の花。 花期がそろそろ終わりで、近寄れない遠くの方でしか咲いてる花がありませんでした。 すぐ近くにあったものはすでにふわふわと綿毛姿。 (2016年4月中旬) ということで昨年の写真から。 下の方が見えていないので草丈が低く見え…

ウツギ Deutzia crenata

山野に生えるアジサイ科の落葉低木の花。別名は卯の花。 この数日で一度に花が咲き始めたような感じで、いろんなところで満開な様子を見かけるようになりました。 総状花序または円錐花序に白い花を多数咲かせます。香りは特にないようです。 花径はよく開い…

ヤマウコギ Eleutherococcus spinosus

林の縁などで見られるウコギ科の落葉低木。 雌雄異株で写真は雌株の雌花。 散形花序に花弁5枚が反り返った小さな黄緑色の花を咲かせます。 咲き始めで花弁がまだ反り返っていない花。 せっかく花弁があるのだからこっちの方がいい気がしますが、きっと反り…

キショウブ Iris pseudacorus

水深の浅い溝などで見られるアヤメ科の花。 花は外花被片3内花被片3と花柱が花弁状に変化したもの3で構成されています。 大きな外花被片の基部には蜜標があります。 花を見ていると実際にハナバチが飛んできて何の迷いもなく蜜標の位置から花の中に体を突…

イボタノキ Ligustrum obtusifolium

日当たりのいい山野に生えるモクセイ科の落葉低木。(暖かいところでは落葉しないらしいですが。) ライラックの台木としても知られますが、ライラックの台木から育ったうちのイボタノキの様子は、環境の差なのか少々見た目に違いがあります。(それについて…

セイヨウノコギリソウ Achillea millefolium

道端の草地で見かけるキク科の花。 横から見た様子。 頭状花序が散房状につくので頭状散房花序。あまりそんな表現見かけませんが。 一応目安で定規を当ててますが、花序全体の上からみた大きさは個体差がかなりあります。 頭花(頭状花序)は舌状花(雌しべ…

シャリンバイ Rhaphiolepis indica var. umbellata

海岸の崖に見かけたバラ科の常緑低木。少々、花のピークは過ぎてます。 海岸のものは色々詳細が撮りづらい場所だったので、ここからは家の植木(実生)で撮ったものです。 花柱は2本のものと、 3本のものがあるようです。 花が終わりかけてきたものは花糸…

ガマズミ Viburnum dilatatum

林の縁などに見かけるレンプクソウ科の落葉低木の花。 皿状に広がった花序に多数の小さな花を咲かせますが、丸みがある形と長い雄しべの様子が可愛らしいです。 一つの花の径は、6mm前後といったところ。 花序の柄には毛が多く、星状毛があります 葉の形…

マユミ Euonymus sieboldianus

林の縁などに見かけるニシキギ科の落葉低木の花。 一般的には3m以下の樹高ですが、時にかなり高くなるものもあるらしく、小高木とされることもあるようです。 葉腋から集散花序を出し、花径1cmほどの花を多数咲かせます。 本当はもうちょっといい感じな…

コメツブウマゴヤシ Medicago lupulina

(2016年5月中旬) アスファルトの駐車場縁に咲くマメ科の花。 今回、天候が悪く綺麗に撮れなかった上に、花がしっかり開いているものもあまりないようでした。開閉運動してるのかな。 因みに、先の写真でも端っこに写ってましたが、コメツブツメクサ(…

ナツハゼ Vaccinium oldhamii

林の縁に見かけたツツジ科落葉低木の花。 総状花序はほぼ水平に横に伸びています。 花冠の色は、黄緑色にやや赤色を帯びたものからほぼ真っ赤というものまであるようです。 雄しべと雌しべは花冠より短く横からだと見えない。 暗くて綺麗に撮れませんでした…

タツナミソウ Scutellaria indica

林の中などに見かけるシソ科の花。 (追記: 記事投稿時の画像は、デジカメの設定を少々いじったせいで全体に赤味が強く出た写真になってます。一部、撮りなおした写真と入れ替えたりしてますが、この1枚目の写真のように青紫色の感じが本来の色に近いもの…

エゴノキ Styrax japonica

林内やその縁で見かける落葉小高木。 曇りや雨の天気でも明るさを感じる花です。 短い当年枝から総状花序を出し、花冠が5深裂した白色の花を下向きに多数咲かせます。 最大に開いたもので花径3cmほどでした。 花糸の先の葯隔(半透明な部分)の内側にオ…

スイカズラ Lonicera japonica

林の縁や道端などによく見かける花で、常緑または半常緑のつる性木本。 ちょっと近寄るだけで分かるほど、とてもよく香ります。 花冠は上下に2裂し、長い雄しべと雌しべが目立つ面白い形。 吸うと蜜が甘く、「吸い葛」となったようです。 上裂片の先は浅く…

トベラ Pittosporum tobira

海岸に生える常緑低木の花。生垣などでもよく見かける樹木です。 花径は2cmほど。 雌雄異株でこの写真は雄花。5本の雄しべは葯が大きく発達していますが、雌しべはあるものの退化していて不稔です。 こちらは雌花。 中心の雌しべは子房も目立ち発達して…

テイカカズラ Trachelospermum asiaticum

林の縁などで見かけるつる性の常緑低木でキョウチクトウ科の花。 名前の由来は、金春禅竹の謡曲「定家」などにある「藤原定家が死後に、(思いを寄せていた)式子内親王の墓に葛となって絡みついた」という伝説からだそうです。 おどろおどろしい感じもあり…

ナワシロイチゴ Rubus parvifolius

道端の草地に見かけるバラ科キイチゴ属の花。草地や土手に這うようにしていますが、落葉小低木。 咲き始め、花弁が直立したままで上部の隙間から雌しべの柱頭だけが見えています。 多数の雄しべの花糸が花弁の隙間から見えますが、葯は隠されています。 それ…

イタチハギ Amorpha fruticosa

道路や河川沿いの土手などで見かけるマメ科の落葉低木の花。 マメ科の花は蝶形花が多いですが、旗弁のみの変わった花をしていて、雄しべが突き出ています。 雌しべはどこだろう?と思って花序の上部の咲き始めの花を見ると、雌しべは雄しべより先に出ていま…

キキョウソウ Triodanis perfoliata

道端の草地や縁石沿いなどで見かけるキキョウ科の花。 花は雄性先熟。この写真では雄性期で雄しべが花粉を出し、雌しべは柱頭がまだ開いてません。 因みに、一枚目の写真の花は雌性期。雄しべはよれよれか落ちてしまっていて、雌しべの柱頭が開いています。 …

ヒナキキョウソウ Triodanis biflora

とある駐車場の縁でのみ見かけるキキョウ科の花。 似た花のキキョウソウ(T. perfoliata)と違い、茎の先端にだけ花が咲きます。 どうもこれまで花冠の裂片が一部くっついた感じの花だったり、なかなかいい感じに開いた花に出会えてません。今回の花は綺麗に…

センダン Melia azedarach var. subtripinnata

街路樹などで見かける落葉高木の花。 本来の分布は伊豆半島以西と暖かい地方らしいですが、けっこう種子が発芽しやすいのか、あちこちで若い苗木状態のものも見かけます。 5月後半あたりから、集散花序をだし多数の薄紫色の花を咲かせる。 (2016年5月…

ヒメジョオン Erigeron annuus

道端で見かけるキク科の花。 花色(舌状花)は白色でやや青紫色を帯びるものもあります。 蕾の様子。 頭花は筒状花が中心まで咲き進んでいるもので2.0~2.5の間といった感じ。 これまで気にしていませんでしたが、今回見た様子では舌状花がやや下に反…

ハマボッス Lysimachia mauritiana

海岸方面で見かけるサクラソウ科の花。 わずかな岩の隙間からでも生えています。ときに海岸近くのアスファルトの縁石沿いにも見られます。 茎上部の葉腋に花を付けます。花冠は5つに深裂。 たまに4裂もあるようです。 花冠は約1cm。もうちょっとよく開…

ヘラバヒメジョオン Erigeron strigosus

道端に見かけるキク科の花。ヒメジョオンに花(頭花)はそっくりです。 こちらはヒメジョオン。 花序の枝につく小葉がヒメジョオンの方が大きく、目立つようでした。 ヘラバヒメジョオンに戻ります。 筒状花が中心まで咲き進んできているもので、頭花の径は…

ノハカタカラクサ(トキワツユクサ) Tradescantia fluminensis

林内などで見かけるツユクサ科の花。あまり日の当たらない場所ですが、わずかながら時折さす木漏れ日を浴びて純白の花が綺麗です。 花は小さく、1cmほど。 萼片は3枚。花柄は紫色を帯びています。 (2016年6月上旬) 花後は葉に隠れるようにくるり…

マンテマ Silene gallica var. quinquevulnera

海岸方面の草地などで見かけるナデシコ科の花で、シロバナマンテマの変種にあたります。 花弁に濃い色の赤い斑があるのが特徴です。花弁自体もシロバナマンテマより幅があると思います。 花径は1cmくらい。 萼に生える長毛と腺毛。 腺毛は花柄や苞葉、花…