読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ベンケイソウ科

ツルマンネングサ Sedum sarmentosum

川岸などの護岸された場所や道路の縁石沿いなどで見かけるベンケイソウ科の花。 遠目には満開時、全体が黄色に染まって見えますが、似た花のメキシコマンネングサと比べると葉の色などが明るいせいか、一つ一つの花としてはコントラストがいまひとつ。 花序…

メキシコマンネングサ Sedum mexicanum

道端に見かけるベンケイソウ科の花。 まだ咲き始めたばかりで、蕾がほとんど。 花径は1cm弱。似た花のツルマンネングサより少しだけ小さめ。 茎の先に水平に広がるような花序をつけます。 写真のものでは、花序ははじめ4分岐してさらにその先で2分岐し…

イワレンゲ Orostachys malacophylla var. iwarenge

岩壁に育つベンケイソウ科の多肉植物。茨城県は北限にあたるようです。 写真は距離があり分かりづらいですが、写真中央付近の淡い緑色のものがそれです。花が咲いている中央のもの以外にも周辺に小さな個体が複数見られます。 ちょっと別の位置にも沢山花を…

メノマンネングサ Sedum japonicum ssp. japonicum var. japonicum

花の様子 道端に生えるセダムの一種で似た花タイトゴメより一回り大きい姿をしています。 うちのあたりでは海岸の岩場に生えるものはタイトゴメのみで、道端や建物周辺の人工的な場所ではタイトゴメ、オカタイトゴメを含め3種が見られます。(他にモリムラ…

オカタイトゴメ Sedum japonicum subsp. oryzifolium var. pumilum

セダムの一種で海岸に生えるタイトゴメを小型にしたような姿。 葉の様子 葉には粒状突起があり、しばしば似た花タイトゴメとの見分けのポイントとして使われますが、この写真のような先端の若い葉に限らず、粒状突起自体はタイトゴメでも確認できるのでこの…

キリンソウ Phedimus aizoon var. floribundus

海岸の草地付近に見かける花です。一株だけぽつりと自生しており、どこからか栽培品の逸出したものかもしれません。 葉は多肉質で広倒卵形で中央から先端にかけて鋸歯があります。 密に付いていてわかりづらいですが互生しています。 「キリン」は動物園のキ…

タイトゴメ Sedum japonicum ssp. oryzifolium

海岸の岩場、あるいは海岸付近の道路沿いなどで見られる花。 こちらは海が近いアスファルトの駐車場縁に咲く満開のタイトゴメ。 6月に株を覆いつくすほど黄色の花を多数咲かせます。 葉の様子。 粒状突起が確認できます。一般に粒状突起がないといわれオカ…

モリムラマンネングサ(ヨコハママンネングサ) Sedum sp.

モリムラマンネングサとヨコハママンネングサは同一種といわれているので、両方の名前を載せてみました。また、学名については未確定という情報があるようでSedum sp.ということにしています。 花はこの仲間らしい黄色の花を咲かせますが、オカタイトゴメと…