Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ヒユ科

葉に厚みがあるシロザ

河川沿いで見かけたシロザですが、葉に明らかに厚みがあるようです。 これまでシロザの葉は薄いものだと思っていたのですが、海岸だったり環境によっては葉に厚みを持ったものもあるようです。 こうして遠目に見た写真でも葉に厚みがなんとなく感じられると…

ホソバアカザ Chenopodium stenophyllum

海岸の砂地で見かけたヒユ科の植物。 カワラアカザ(C. acuminatum var. vachelii)との見分けが少々難しいようです。 いくつか違いはあるようですが、特に明確な見分けのポイントは花序の軸の透明な管状毛(円柱状の毛)の有無で、カワラアカザには管状毛が…

アリタソウ Dysphania ambrosioides

川岸に見かけたヒユ科の植物。 花序がだらりとしていますが、暑さのせいかと思います。花序には葉とあまり変わらない感じの苞葉が多数あるのが見えます。 両性花の様子(写真中央の花)。花被片、雄しべともに5つで、中央に雌しべが見えます。花被片に腺毛…

ヤナギイノコヅチ Achyranthes longifolia

林縁で見かけたヒユ科の植物。 名前に「イノコヅチ」と付く植物でよく見かけるものにはヒナタイノコヅチやヒカゲイノコヅチ(イノコヅチ)などがありますが、このヤナギイノコヅチには最近気づきました。 他の植物が混じっていて見づらい写真ですが、枝は多…

オカヒジキ Salsola komarovii

海岸の砂浜などに育つヒユ科の植物。 点々と砂浜に生えています。 花は葉腋に付きますが、黄色の葯がちょっと目に付く程度で分かりづらい花です。 2枚の苞の間に咲いています。花被片は5枚だそうですが、やや白っぽい部分がそうなのかな~とは思うもののは…

シロザ Chenopodium album

道端に普通に見られるヒユ科の植物。 よく育ったものは2mを超えるものもあります。 一般的に見かけるものは1m前後。(ずっと小さいものもあります。) こちらは上の写真とは別のもので、家に生えてきたものを育つに任せておいたものです。草丈は計ってい…

ホナガイヌビユ Amaranthus viridis

道端、といってもアスファルト縁や民家周辺など人工的な場所で見かけるヒユ科の植物。この写真は花後の状態で穂が褐色になっています。 こちらはまだ若い緑色の穂。別名はアオビユ。 雌花の柱頭が見えます。すでにほぼ果実になってきている状態かと思います…

ホソアオゲイトウ Amaranthus hybridus

主に農地回りでよく見かける植物。花序には短めの横枝が多数出て全体に細長い花序をしています。 「ゲイトウ」は「ケイトウ(鶏頭)」で、よく園芸で栽培される赤い鶏の鶏冠のような花に対し、青くてほっそりしているのでホソアオゲイトウ。 最近は円錐状の…

マルバアカザ Chenopodium acuminatum

海岸の砂浜などに生えるヒユ花の植物。 花といってもこの仲間は花として目立つものではないですが、 拡大すると花がわかります。雄しべは5つあり、花糸の基部は繋がっているようです。 雌しべの柱頭は2つあるようでプラグみたい。 葉はしっかりと厚みがあ…

ヒナタイノコヅチ Achyranthes bidentata var. fauriei

道端の草地などで普通に見られる花です。あまり目立つ花ではありませんが、じっくり見てみると星形の花があることに気づきます。 似た花にヒカゲイノコヅチがありますが、ヒナタイノコヅチの方が花序が短めで花の付き方がかなり密です。 名前の通り、通常は…

ヒカゲイノコヅチ(イノコヅチ) Achyranthes bidentata var. japonica

名前の通り日陰に育つヒユ科の植物。細長い花序に咲く疎らな花は決して目立つものではありませんが、よく見ると花被片は整った綺麗な花をしています。 雄しべの基部が輪っかで繋がっているように見えますが、仮雄しべとされるようで、ヒカゲイノコヅチはあま…

ゴウシュウアリタソウ Dysphania pumilio

道端や畑などに見られるヒユ科の植物。 花序は葉腋に固まって付きます。小さな花ですが、それ以前に花の構造がよくわかりません・・・。写真の状態は花後なのかも? 写真の中心からやや上辺りにみえる緑色のものは、雌しべのようなものも見えて花被が開いて…