Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

バラ科

トゲナシテリハノイバラ Rosa luciae f. ohwii

テリハノイバラの茎のトゲを撮ろうとして今回たまたま気づいた花です。 トゲがないだけでなく花が明らかに一回り大きいようでした。 (追記: 花が特に大きくないものでもトゲなしのものがありました。) 写真中央を横切る古い茎(枝)、そこから出た新しい…

テリハノイバラ Rosa luciae

海岸や河口付近などで見かけるバラ科のつる性木本。 ノイバラの花期が過ぎたころ、入れ替わるように見かけるようになります。 砂地などを這うように枝が伸びます。 花径は小さめでも3cm程度あり、ノイバラ(2cm程度)より大きい。 大きめの花は4cm…

シャリンバイ Rhaphiolepis indica var. umbellata

海岸の崖に見かけたバラ科の常緑低木。少々、花のピークは過ぎてます。 海岸のものは色々詳細が撮りづらい場所だったので、ここからは家の植木(実生)で撮ったものです。 花柱は2本のものと、 3本のものがあるようです。 花が終わりかけてきたものは花糸…

ナワシロイチゴ Rubus parvifolius

道端の草地に見かけるバラ科キイチゴ属の花。草地や土手に這うようにしていますが、落葉小低木。 咲き始め、花弁が直立したままで上部の隙間から雌しべの柱頭だけが見えています。 多数の雄しべの花糸が花弁の隙間から見えますが、葯は隠されています。 それ…

ノイバラ Rosa multiflora

日当たりのいい場所でよく見かけるバラ科の花で、円錐花序または散房花序に多数の花を咲かせます。今の季節、あたりによく香る花の一つです。 咲き始めの花では、葯がオレンジ色で可愛らしい。 萼裂片は強く反り返っています。 白色の蕾。 こちらはピンク色…

クマイチゴ Rubus crataegifolius

道端で見かけたバラ科キイチゴ属の花。 花は下向きに咲いています。花弁同士の間隔が広く、中心にある多数の雌しべを取り囲むように綺麗に並んだ雄しべが印象的。 仲間でもないし構造も違いますが、なんだかコヤブタバコを思い出しました(笑) 花径は2.5…

カマツカ Pourthiaea villosa var. villosa

林縁などにみられるバラ科樹木の花。 花径は1cmちょっと。 花序は複散房花序。 萼や花序内の柄に白い軟毛があります。 この毛の量が多いものをワタゲカマツカ、中間的なものをケカマツカ、無毛なものをカマツカとわけることもあるようですが、ここでは分…

イヌザクラ Padus buergeriana

ウワミズザクラに似た花を咲かせるバラ科の落葉高木。 総状花序に咲く小さな花。長い雄しべが目立ちます。白い花弁がありますが、全体でみたとき気のせいかウワミズザクラよりあまり白く見えない感じ。 ウワミズザクラとの違いは花序の出る位置で、イヌザク…

カジイチゴ Rubus trifidus

河口付近の藪状になった崖などから全体が枝垂れるように生えているキイチゴ属の一種。 いつも見る場所は伐採されてしまい花が見れなかったので、どうしようかと思ったのですが、別の場所で見ることが出来ました。 多数の雄しべの中心に多数の雌しべ。 花は上…

ウワミズザクラ Padus grayana

ブラシのように見える花序の白が葉の緑と相まって爽やかな印象。 一つ一つの小さな花の集まり。 花序は葉をつけた当年枝の先にあります。この点が似た花を咲かせるイヌザクラとの違い。 イヌザクラは前年枝から花序が出ます。 葉身の基部付近に桜のように蜜…

モミジイチゴ Rubus palmatus var. coptophyllus

林などに生えるキイチゴ属の花。この時期、弓なりにしなり伸びる枝に下向きの花を多数咲かせている姿をよく見かけます。 それにしても、なんでかいつも雨の日に撮っているような気がする花です。 けど、もしかしたらただの偶然でもなくちょうど雨になりやす…

クサイチゴ Rubus hirsutus

林の縁で見かけるバラ科の花。名前には「クサ」と付きますが木本でキイチゴの一種です。横に広がりあまり高くならないので、草のような見た目から付けられた名前と思います。 花径は写真のもので5cmあり、かなり立派な花を咲かせます。 多数の雄しべと中…

ヒメキンミズヒキ Agrimonia nipponica

林の中など日陰に咲くバラ科の花。花弁は細く、花付きは疎ら、雄しべが5~8と少ないのが特徴。 定規の当て方が雑ですが写真のもので花径6mm。周辺の小さめの花で4mmでした。 キンミズヒキの半分程度しかない小さな花をしています。 草丈は30cm程…

ワレモコウ Sanguisorba officinalis

道端の草地に生えるバラ科の花。先端の方から咲いていきますが、花弁はなく萼片が4枚の小さな花の集まり。 開いている花は雄しべが4つ見えます。蕾の花は正面からみると「+」となっているのが面白いです。 アイウエオ順だとおそらく一番最後になる花の名…

キンミズヒキ Agrimonia pilosa var. japonica

道端の草地によく見られるバラ科の花。ふと思いましたがバラ科の花って春~初夏は多いですが、夏以降少ないような気がします。 咲き始めの花の雄しべは全開に開いています。少しでも雌しべから離れて自家受粉を避ける仕組みなのだと思います。 咲き終わりの…

ヒロハノカワラサイコ Potentilla nipponica

名前にはカワラとつきますが、海岸方面の道路沿いや草地に見かける花。(もちろん本来、河原にも咲くのだろうと思います。)キジムシロ属(Potentilla)らしい花の様子。 全体に白い長毛が目立ちます。萼片、副萼片、そして葉もですが縁が少し外側に巻いてい…

オキジムシロ Potentilla supina

河原や海岸の砂地に咲く咲くバラ科キジムシロ属の花。実際に見たのは空き地とアスファルトの道路沿いです。 キジムシロ属の花をいくつか過去の下書きから整理しているのであげてみましたが、2016年は存在を確認できていません。空き地の方は整備されてし…

オヘビイチゴ Potentilla anemonifolia

道端のやや湿り気のある草地に見られるバラ科の花。 キジムシロ属の花は皆よく似ていますが、この花もまた同じタイプの花をしています。 葯の色は黄色とされていますが、写真中央の花は花粉が落ちたあとの状態かと思います。(向かってすぐ右に見える開きか…

ミツバツチグリ Potentilla freyniana

日当たりのいい土手や明るい林内に見られる花。地面に這い広がるような草姿をしています。 名前のミツバは3出複葉の葉の様子からで、ツチグリという西日本方面で見られる花に根の様子が似ていることからミツバツチグリという名のようです。 葉柄の基部に托…

ヘビイチゴとヤブヘビイチゴ

ヘビイチゴ Potentilla hebiichigo ヤブヘビイチゴ Potentilla indica 似た花同士でもあり、ここでは比較しつつ載せてみることに。 ヘビイチゴの花です。片方に「ヤブ」と付くのでこちらは日当たりがいい場所に育つと思ってしまいますが、日陰にも見られます…

ヒメヘビイチゴ Potentilla centigrana

名前の通りヘビイチゴより一回り小さな花です。下に追加画像ありますが、花径は1cm程度。 似たような場所に咲いていることもありますが、葯の色がヒメヘビイチゴは黒っぽく見えることで印象が違うので見間違えることはないと思います。 葉は3出複葉でヘ…

キジムシロ Potentilla fragarioides var. major

日当たりのいい道端の草地や、明るい林の中に見られる花。 キジムシロ属(Potentilla)の花は皆よく似ています。 キジムシロの葉は奇数羽状複葉で小葉は5~7枚(ときに9枚もある)というのが特徴。 同じような枚数の葉をもつツルキジムシロという似た花も…