Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

グミ科

ナワシログミ Elaeagnus pungens

秋~冬咲きのグミ類の一つ。 もともと海岸近くに育つ常緑低木のようですが、写真のものは植栽されたもの。 花には強めの芳香があります。花弁のようなものは萼筒で先端が4つに裂けます。 中を覗くと雄しべ4と雌しべ一つが見えます。 以前載せたオオナワシ…

ツルグミ Elaeagnus glabra

崖状の海岸近くの林縁で咲いていたグミ科の植物。 「ツル」と名前にあるようにつる状に細い枝で他の植物にもたれるように被さり、時に垂れさがり茂っていますが、巻き付くタイプのつるではないようです。 花はまだ咲き始めたものがちらほら程度。(写真が撮…

マルバアキグミ Elaeagnus umbellata var. obtusifolia

海岸でみかけたグミ科の落葉低木。 やや痩せたような果実で数もあまり見られず、状態がいい感じのものはみられませんでした。 赤くなる前の果実。比較的形がいい。 果実の長さは6~7mmでした。形が歪だったのでつい長さで測ってましたが、本来ほぼ球形に…

(?)アキグミ Elaeagnus umbellata var. umbellata

海岸で見かけたグミ科落葉低木。 秋に果実(偽果)をつけるグミ類には、アキグミ(var. umbellata)とその変種や品種などがあり、変種には葉が丸くて厚みのあるマルバアキグミ(var. obtusifolia)や葉表に星状毛が生えるカラアキグミ(var. coreana)があり…

オオナワシログミ(フユグミ) Elaeagnus x submacrophylla

海岸で見かけたグミ科の常緑低木。オオナワシログミというのは、オオバグミ(マルバグミ)とナワシログミの交雑種とされるもの。 グミの仲間は花が春~初夏咲きのものと秋咲きのものに分かれます。春・初夏に咲くグミは落葉性で、秋咲きの方は常緑性のようで…