読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ホウキギクとヒロハホウキギク

ホウキギク Symphyotrichum subulatum ヒロハホウキギク Symphyotrichum subulatum var. sandwicensis ホウキギク 道端や砕石などで整地されたようなところで見かける花。 ヒロハホウキギク ホウキギクと同じようなところに咲き、混生していたりします。花期…

ブタクサ Ambrosia artemisiifolia

いきなりですが、雌花しかない雌株がありました。ブタクサは雌雄同株とされているので珍しいのかも。 もちろん本来の位置にも雌花です。 このように花序が長く伸びていますが、雌花だけついています。一株だけではなく複数こうした株がありました。 他では見…

タカサブロウとアメリカタカサブロウの比較

タカサブロウ Eclipta thermalis アメリカタカサブロウ Eclipta alba タカサブロウ 畦道など湿り気がある程度あるところで咲いているのを見かけるキク科の花。 アメリカタカサブロウ 同じように畦道などにも見かけますが、少々乾いた草地にも咲く花です。 タ…

ガンクビソウ Carpesium divaricatum

林内や林の縁などに見られるキク科の花。 先日のコヤブタバコなどの仲間で、同じく舌状花がない花ですが、こちらは花色の印象としては黄色の花。 一応総苞片の様子。 葉はこのような幅の広いものから、もう少し細めのものまであります。 長く伸びた枝先に花…

コヤブタバコ Carpesium cernuum

林の中などで俯き咲く花。多数の苞葉が印象的。 舌状花(いわゆる花びら)が無く、白いのは総苞内片なのですが、もし花弁状に大きく発達したら、かなり綺麗な気がします。なくてもなんだか可愛らしいんですが。 葉は軟毛が生えていて、ふわふわと柔らかい質…

ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides

道端に所々で見られる、草丈30~80cm程度のキク科の花。 舌状花はなく筒状花の集まりで、その筒状花の先端をよく見るとほんのり紅色。 花は下向きに咲きます。 先の方だけ色づいた細い総苞外片。 横向きに咲いていた花。2裂した柱頭が多数出ています…

アレチノギクとオオアレチノギク

アレチノギク Conyza bonariensis オオアレチノギク Conyza sumatrensis アレチノギク。 5月から咲き始める道端に咲く花で、どこでも見かけそうで意外と家のある農業地帯では少なく、街中やアスファルトの道沿いに見かけることが多いシティー派?な植物です…

カントウヨメナ Aster yomena var. dentatus

畦道などの道端に咲く花。(この写真は2015年11月) こちらは2016年7月後半で早咲きのもの。 秋の花で花期のピーク的にはユウガギクより少し遅い10~11月という印象がありますが、早咲きのものを見かけるのは例年同じ場所(2か所)で、見た…

ユウガギク Aster iinumae

道端で見かけるキク科の花。少々時期が早いかもしれませんが、見かけるようになりました。(この写真は昨年10月前半のものです。) こちらは2016年7月、最近の花。 舌状花の花色がたいていは白色。明らかに淡い紫色をした花の株もあるにはありますが…

オオヒヨドリバナ(ヒヨドリバナ) Eupatorium makinoi var. oppositifolium

(タイトルをヒヨドリバナからオオヒヨドリバナ(ヒヨドリバナ)に変えました。) 林や林の縁などで見かける花で、小さな花を散房状に咲かせまます。 倒れているようなものも多いですが草丈は人の背丈ほどからもっと大きいものまであります。 頭花はさらに小…

ヒメムカシヨモギ Conyza canadensis

人為的に整地されたような道端や空き地によく見られる花です。 似た姿をしたものにオオアレチノギクがありますが、こちらは小さいながらも舌状花がありデジカメなどであらためてよく見てみると可愛らしい花です。 草丈は数十センチのものもありますが1mを…

ハルシャギク Coreopsis tinctoria

暑い夏の盛りに道路縁などで見かけるキク科の花。 頭花は8枚の舌状花と中心の多数の筒状花から出来ていて、はじめはこの写真のように雄しべが見えているようです。 どのくらいで切り替わっているのかわかりませんが、途中からこちらの写真のように2裂した…

サジガンクビソウ Carpesium glossophyllum

林の中などやや陰った場所に咲く花。派手さはありませんが独特な雰囲気があります。 舌状花はなくこうして下向きに咲くので人にはあまり相手にされませんが、きっと必要とする昆虫などにはいい感じなのでしょう。 草姿はとてもシンプルです。根生葉が花期に…

ハキダメギク Galinsoga ciliata

道場に普通にみられる小さな花で、可愛そうな名前の花でもよく知られています。 似た花コゴメギクとは冠毛の先が尖ることで見分けることが出来ます。(コゴメギクは房状に裂ける。) 咲きだしたばかりの季節ならともかく、たいていは綿毛状態のものがあると…

フランスギク Leucanthemum vulare

道端の草地や車道沿いの土手などに見かける花で、花期は5月くらい。 5,6cmほどある大きな綺麗な花で目を引きます。 葉は多少変化がありますがへら型で鋸歯があります。基部は少し張り出すような感じで茎を少し抱く。 元々、観賞用に持ち込まれた花で個…

ノアザミ Cirsium japonicum

道端の草地に咲くアザミの仲間。アザミは種類が多いですが、初夏に咲くのはこのノアザミくらいです。名前もややこしいノハラアザミは秋に咲きます。 頭花は先が5裂した筒状花の集まり。その筒状花から飛び出して花粉を付けているのが雄しべ(集葯雄しべ)。…