読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

イラクサ科

イラクサ Urtica thunbergiana

林の縁のような日陰に生えている植物。 少々観察には注意が必要な植物で全体にトゲ(刺毛)があるのですが、トゲの基部にアセチルコリンとヒスタミンを含む嚢があるそうで、単純にトゲに触って痛いというだけではなく、より強い痛みが続くようです。 雌雄同…

アオミズ Pilea pumila

林の縁などに群生しているのを見かけるイラクサ科の植物。 草丈は30cmくらい、葉の表は3脈が目立ち鋸歯が基部に近いところまであり、葉先は尾状になります。 表裏ともに疎らに毛があります。 昨年(2015)の写真。いまいち一つの花の姿としてなかな…

メヤブマオ Boehmeria platanifolia

林縁に見られるイラクサ科の植物で、細い花序を伸ばします。 茎の上部は雌花花序で多数の雌花が球状になってついています。 似た花ヤブマオと比べると花序がほっそりしているのが名前の由来であり、特徴です。 雌雄同株で、下部の方には雄花がつくとされます…

ナンバンカラムシ Boehmeria nivea var. nivea

道路沿いで見かける2m近い大きな植物。その昔、繊維をとっていた植物です。 上部の方で垂れ下がるような花序に咲く雌花。雄花は下の方に咲くと思われますが、気づけませんでした。 茎や葉柄に開出毛が生えるのが特徴で、似た仲間で葉がややほっそりしてい…

ヤブマオ Boehmeria longispica

用水路沿いや草地に見かける植物で、長いひも状の花序を葉腋から長く伸ばします。 写真は家に生えてくるもの。 雌花花序。雌雄同種だそうですが雄花花序は見当たりません。単為生殖するため雄花花序がないものも多いようです。詳しいことはわかりませんが、…

ラセイタソウ Boehmeria biloba

和歌山県~北海道南部の太平洋側の海岸に生える植物。雌雄同種で茎の先の方に雌花花序をつけ、それより下(茎中間あたり)に雄花花序がつきます。 写真中央、先端の次の節あたりにから短く出てるのが雌花花序。右端あたりに見えるのが雄花花序。 たくさん密…