読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ハクチョウソウ(ガウラ、ヤマモモソウ) Oenothera lindheimeri

一般に庭や花壇などで園芸栽培される花ですが、その周辺の草地などに野生化しているものも時折見られます。暖かな地方ではもう少し多いかもしれませんが、うちの辺りでは稀です。耐寒性が強いともされますが、過去に育てたこともありますが「比較的・・・」…

アカバナ Epilobium pyrricholophum

湿り気のある所で育つ花です。花色は淡紅色なのにアカバナって不思議な感じですが、漢字で書くと「赤花」ではなく「赤葉菜」であって、葉が赤く紅葉することから付いた名前です。 花径は1.4cmのものがありましたが、多くは1cm程度。 アカバナ属の見…

チョウジタデとウスゲチョウジタデ

チョウジタデ Ludwigia epilobioides ウスゲチョウジタデ Ludwigia epilobioides ssp. greatrexii チョウジタデ 湿地や水田の畦などに見かける花で「タデ」と付きますがアカバナ科の花。 また「チョウジ」はフトモモ科の植物を指し、それに果実が似ているこ…

カラフトアカバナ(ノダアカバナ) Epilobium ciliatum subsp. ciliatum

畦道の草地に一株だけ咲いていたアカバナ科の花。 柱頭は棍棒状といわれる楕円形のような形。アカバナ属の仲間は柱頭が見分けのポイントになることが多く、大別すると球形と棍棒型に分かれます。 写真のように枝分かれが激しく花がたくさんですが、そのあた…

ススヤアカバナ Epilobium parviflorum

休耕田など湿地に咲く花。草丈は1mくらいと高めで、全体に毛が多く、柱頭が4裂しているのが特徴のようです。 以前から、こことは別の場所でアカバナ科とは思うけど何かわからないものがあり、ここ数年チェックしていたのですが、花を確認する前に除草剤が…

ミズタマソウ Circaea mollis

林の中などで見かけるアカバナ科の花で草丈は50cm程度までになります。 花弁は一見4枚に見えますが、上下に2枚ついていて切れ込みがあります。それとは逆に萼片は左右に2枚。 果実に白い毛があり、それが水滴のように見えることからミズタマソウ。実…

メマツヨイグサ Oenothera biennis

アスファルトの道端から空き地のような場所、あるいは海岸の方でもよく見られる花。 花は7月になるかならないかの頃から咲き始め、秋まで咲きます。マツヨイグサというくらいなので夜に咲く花ですが、曇天の日や秋が深まるに連れ日中でも開いていることがあ…

オオマツヨイグサ Oenothera glazioviana

海岸付近の草地などに見かける花。草丈は1m以上にもなります。花も大きく、同じように高くなるメマツヨイグサと比べると直径で倍はある印象の花を咲かせます。 メマツヨイグサとは花期が重なる部分もありますが、咲きだしはオオマツヨイグサの方がひと月ほ…

コマツヨイグサ Oenothera laciniata

海岸や河原、その付近の道端にみられる花。マツヨイグサの仲間で花は夜に咲きますが、朝早いうちなどは開花した状態をまだ見ることができます。花径は3cm程度でだいたい4月の終わり~5月初めに咲きだし、秋まで見られます。 草姿は他のマツヨイグサ仲間…

マツヨイグサ Oenothera stricta

アスファルトの道路縁など道端に見られる花。 マツヨイグサには一般的に見られる仲間がいくつかありますが、その中でマツヨイグサは咲き始めるのがコマツヨイグサと並んで早く4月の後半から5月に入ったあたりから花が見られるようになります。 あくまで自…